ロマンスの解剖学
トムフォードのインタビュウよんでいたらちょっとなけた。そのあとにかわくぼさんとミウッチャのおはなしをよみかえした。またちょっとなけた。
| - | 19:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
害虫
おとつい。
「さよならくちびる」みたいなぁってGAGAのまえで立ち止まってポスターぼんやり眺めながら、伊賀さんはげんきかなぁっておもっていた。
昨日。
並木橋を歩いていたら遠くになんかみたことある形。絶対そうだっておもった。うん、!!ぜったい!シルエットですぐわかった。

伊賀さんだー!


嬉しくなって、いがすわぁぁん!と叫んだ。


あいかわらずの男気であった。せんぱーい!!




6月になったよ。
きょうは祖母のお誕生日。かわいいかわいいおばあちゃん。
家ノ前の紫陽花がすこしずつ咲き始めました。青いやつ。
神木の髪は紫から緑になった。

下北でこれまた偶然あった岩崎さんの髪はピンクから黒に。
| - | 11:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
マイケルナイマンずっときいていた
けど相対性理論のライブにいってさいごの曲がだいすきなやつで、わたしは人類で、心臓ぎゅうぎゅうになってまた永遠リピート繰り返して。永遠なんてもんはありゃあしないけれど。えっちゃん音楽をいつもありがとう。

元号云々興味ないけれど、おもってみれば周りに信頼できる尊敬するすきなひとがいてくれて割かししあわせな人生を送っているとおもって。欲張りになっちゃいけないんだな、って。贅沢だよ。あしたになってもあいたいひともいとおしいとおもうひともわたしの生活もなんにもかわらないことがとうといでしょ。地球はくるくるまわっておひさまは実家のすぐ近くの海からのぼって逆側の海におちていって繰り返しておつきさまはまあるくなったり不恰好な丸みを帯びた形になったり猫の爪みたいな形をしてみたりして繰り返して家ではチューリップの花が朽ちて紫陽花がスタンバイをして呼吸をして服を着て何かを選択して決断して繰り返して前髪が伸びてまた切ってまた伸びてまた切って繰り返しておんなじ失敗してごめんなさいとありがとをしてまたやらかしてまた繰り返して。そうゆうやつ。
時間ははやくもないしおそくもないし毎日ひとにはおんなじぶんだけ与えられていて。
かわんないし。
なんにもかわんない。
あしたもあさってもしあさっても泣いても笑っても嬉しくても落ち込んでも痛くても痒くてもおんなじ。特別でもなんでもないなっておもいながらグーグー寝てたら朝がまたきた。
| - | 09:23 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ベージュを着てると『たかやま!裸だよ!』といつも言われる。
ベースレンジのTシャツ、古着のTシャツ、ハトラのTシャツ、エキプメントのシャツ、アクネの背中がおもいっきりあいたカットソー、もういっちょアクネのうっすーいカットソー、、、



洗濯して干したら見事にすべてベージュ。並べると絶妙なベージュのグラデーションを奏でている。ピンク寄り、、モカ寄り、、グレー寄り、、各種ベージュ。

ベージュ多すぎ。




そしてわたしは去年からアクネのカットソーにやられていて。アクネを見直している。とてもいい。北欧。色がとても絶妙でよい。
以前ベースレンジのお店のお姉さんとアクネカットソー話で盛り上がった。ベースレンジのTシャツもとてもいい。着心地良すぎる。


気づけばTシャツとジーンズとゆうスタイルが増えた。ファッションスタイルの最終形態だよ、これ。でもまだあほみたいなドレスとかどこに着ていくんすか?みたいな服はやめらんない。いつかもういいやーってなるときは果たしてくるのだろうか。。




たぶんなんだかんだでこないだろう。
| - | 14:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
京マチ子映画祭
きょうまでです。
@有楽町の角川シネマだっけなぁ。まったくいけなかった。ずーん。いつでもどこでも鞄からつねにマチコのチラシが出てくるスタイルをよく笑われていました。へんな営業のひとみたいって。はい、そうです。いつだってまえのめりたかやまです。おはようございます。



ところで。
こないだ、身近なひとから「たかやまさんの日記需要ないよね」突っ込みと、ここの存在について触られたことにより「そういやなんでこの日記やってんだっけ?」っておもいました。ついさっき。
「どうゆうとき書くんですか?」とも聞かれたけど「気が向いたとき」ってこたえて。こたえたけど本来なんだったんだろうっておもいだしていました。ついさっき。
ディオールの春夏をふりかえりながら頭の隙間でそんなことを考えていました。ついさっき。
とかしきさんとある撮影についてああでもないこうでもないとメッセージをかわしながら。
ついさっきのことでした。



なんでやってる?




なんで?








わすれたわ。




記録を消したりしながらもう9年くらい経っているかも。ずっと7年って言ってたけれど、よく考えてみたらずっと7年って発言してる気がします。笑。わかんない。まあ別に何年でもいいけど。おもいで数字話に弱いんだよね。すぐわすれちゃう。
昔の記録を管理してるやつも、もうどうやってみるのかわからないんです。いまうちにはパソコンもないから。一時はスマートホンで管理していたがなんかいやになってスマートホンでいじれないようにしてしまいました。だからこの日記はガラケーからしか書けないのだ。ガラケーなくしたら、もう一切復旧が無理。ガラケーすごいよ。笑。以前は一日の閲覧数とかみれたんだけどそれもみれないようにして、ほんとにただ書くしかできない。だからわたしのなかでほんとにただの日記みたいになってしまっています。書けないこともわりとある。でも書けないようなことを書きたいわけでもない。昔はよじれたことばっかり書いていたけど、、わかげのいたりよ、おそるべし。あー、でもさ、なんか前より清々しく文句を書かなくなったなっておもいます。恐ろしい世の中だからね、、。あと基本的にコソコソ活動したいひとだから、誰かから「日記が、、」なんていわれると顔から火が出るほど恥ずかしくて逃げたくなるわけです。だったらやってんじゃないよ!ってね。いや、そうなんだけ
ども。。たまに全然おもってもいないところで「読んでいます」と言われると、ほんとなんにも役に立たないし面白くないしすみませんとおもいます。でもうれしい。ずっと読んでくださっているひとがいたらほんとに神様。ありがとうございます。
時代もかわり、こうゆうさ個人がさ何かをさ発信する仕組みについてもさ色々と進化を遂げて価値観も様々、そりゃそうだ、形も多様化していますが、そのあたりの感覚はじぶんのなかではあまりなにもかわっていないきがします。だから続けているのかもしれません。その、なんか、じぶんだけの場所がいつもほしいのだとおもいます。ながされたくなくて、たまに届きたいっておもう。そう役に立たないけど、どっかのなぁんにもない田舎の学生とかがさ、たった一人とかがさ、なーんかたまたまこんなところをみつけちゃってさ、なんかバカでも大丈夫なのかな?って、なんかファッションさわるのって面白いのかな?っておもってしまい、うっかり馬鹿の世界に足を踏み込んでしまうようなひとがひとり、たったひとりでもいてしまったらおもしろいなっておもうことは、ずっとかわらないかもしれません。だからやってんだとおもいます。しごともふくめ。
あとは単純に自分の確認作業なんだとおもいます。それだけなら公表せずに紙とペンだけで自己完結してりゃあいい話なんだけど、なにかしらの欲求があるんだなってのも自覚しています。




まあね、どんなにがんばっても自分の根本はかわりっこないんだから、結局わたしなんてぜんぶ自然な流れで流れていくしかないよ。この日記も結局そうだよ。気分によってだよ。よくないなとおもったりもするよ。エゴだっていわれるときもあるよ。わかってるよ。なんであおくさいこと、まだおとなになってもこんなグチグチやってんのか謎だって、青山トンネルの中を歩きながらきのうの朝おもって吹いたよ。はずかしいことだらけだよ。でもなんかまあ相変わらずずっとこんなかんじなんだろな、まあねたのしいんだよこれがまた。つうわけでまた。きょうは父親の誕生日だわ。


結論。けっかたかやまきまぐれ。







| - | 10:40 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/54PAGES | >>