no title
アイロンに飽きてぼうっとしている。
誰かに電話をしようとしたけれどもやめた。
ぼうっとねーたんを眺めている。それでカレンダーに目を遣る。
もう2月もおわっちゃう。
豆まきしなかったなぁ。
チョコレイトもつくらなかった。なんだかんだで行事好きである。いいなあってこっそり横目でみていたりする。
冬ってそうゆうのが多くってにくったらしい。
だけどいちばんすき。
だけどだけどもうコート飽きちゃった。肩がつかれちゃった。
あのねまた手袋片方なくした。
ぜんぶ片方なくしてしまう。
もうつけないのがいいのかもしれない。
綺麗な蛙みたいな黄緑色。
だいすきだったのに。
だいじにしようとすればするほどいつもうまくできなくてなくしちゃったりする。だいじにするのってあたりまえのことなのにすごくむつかしい。心臓がちぎれそうになる。ちぎれてもうもどらないんじゃないかっておもう。なんてうっそ。



ねむいわ。


| - | 00:33 | - | trackbacks(0) | pookmark |
no title
ちいさなちいさな真珠のイヤリング気が付いたら片方耳元からいなくなっていた。ユーミンの曲きくよね。ピアスじゃないけども。
| - | 06:17 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ねむすぎる
月火水木金土日っ!
毎日ドラマがあった。
| - | 22:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
シーズアレインボー
長年、、いやぁ、それはそれはほんと長年お世話になっている下北沢の古着屋ヘイトアンドアシュバリーの岩崎さんが明日、、あ、もう今日、か、が、なんとお店を卒業されるそうで店に押し掛けた。


ヘイトは高校生の頃から通っていて、岩崎さんに会ったのはもはやもういつかも全く思い出せないけれど、岩崎さんにはとにかくお世話になって、岩崎さんの髪の色が何度変わったのかもわからないけれど、とにかく彼女は服が好きでビンテージを愛していて、訪れるたびに服の話をたくさんたくさんしました。

わたしはその時間がとてもすきでした。
いっぱいわがままにさせてもらったしね。
岩崎さんありがとね。
ま、また、すぐにあうから、わたしはあんまりセンチメンタルにはならなかったよね。
まったく!

岩崎さんの髪のいろ。
さいごはピンクいろしていた。彼女らしい。
彼女へのはなむけのように、彼女の髪のいろと同じようなピンクいろのフィフティーズの華やかなビーズ刺繍カーディガンに一目惚れして回収決定。
近ごろ、もう買うってゆうか、回収ってゆう感じです。
ビーズカーディガン生きてきてたぁっくさんみてきたけど、あの岩崎さんの髪と同じピンクのこは、ちょっと中々みない装飾具合で、ほんと、みつけて瞬間着てみて、三秒で『回収です!』とわたし。岩崎さんのラストヘイトの髪のいろを絶対にわすれないっておもったよ。

ラスト岩崎是非。
みんなはオヨちゃん、て呼ぶんだけど、わたしずっと岩崎さんて、ゆってた。たぶんこれからさきもずっとそう。またね岩崎さん。


| - | 01:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ストロー
きのう、朝。
曇りガラス越しに白いものがみえた気がして。
窓を静かにあけたら雪が降っていた。
うれしくてぼんやりみとれているうちに一瞬にしてみぞれに変わって一瞬にしてやんでしまった。
しょんぼりした。
向かいのアパートの窓には小さな女の子とお父さんらしき人がみえて、同じように外の景色をみていた。
ねこは暖房の前でまぁるくなっていた。
雪の中に倒れたいって毎年ゆってるけど、いまだに果たせていない。
伊島薫の死体シリーズみたいに倒れたい。
白と赤と水色がいい。



きみにいいことがあるようにーきょうは赤いストローさしてあげるーって鼻唄しながらルノアールに行ってレモンスカッシュをお願いしたら赤いストローでサーブされてちょっとうれしくなった。
わたしのニットはめがさめるようなグリーンでレモンは紛れもないレモンイエロー。
信号機みたいだった。


連休ですよね。
成人の日ですよね。
新成人のみなさん、おめでとうございます。
おとなになるのはおもろい、と、最近ようやくおもえるようになりました、たかやまでした!
さむいけど風邪などひかぬよう!
| - | 10:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/51PAGES | >>