てっちゃん

てっちゃんのことをここに書いていたんだけどまんまと消えて仕舞いました。

もうがっかりした。

因みにこないだはミウッチャのことをひたすら書いていたのだけど

それもパソコンの機嫌が急変して見事消えて無くなりました。なんなの?!

 

プラダのことはもう書き上げる自信がないのだけれど

てっちゃんへの気持ちはまだわたしのこのへんに(頭とか心臓をゆびさしてみる)微かにのこっている気がするので

根気よく机にむかってみようとおもう。

まぁ、なんでてっちゃんのことを書いていたのかというと特に意味なんてないのだけども。

丁度きのう電話がきたから、おもいだしていたからだとはおもう。

 

てっちゃんはいつも急に電話をしてきて用件だけボソボソッと喋って、じゃまたーなんていってガシャンと電話を切る。

ある夜たちは大体いきなり今から来いって言う。

わたしの言い分なんて聞いちゃいないんだわ。

だけどわたしはブツブツ文句を言いながらてっちゃんの待つ場所に急ぐことが殆ど。

勿論無理なときは無理だって言って行かない。

本当に勝手だなぁ、なんておもいながら、よくよく考えてみたら自分も同じようなことをしているか・・と気付く。

そういえばわたしの周りには他にも数名そういう連中がいることをおもいだした。

結局似た者同士は集まって来てしまうのだ。

 

てっちゃんがつくる服はあんまり東京でみることは出来なくって

富ヶ谷のてっちゃんのお店と東京から遠く離れた地方のセレクトショップで手に取ることが出来る。

あと、それと、わたしがたまにいるあの場所となんか吉祥寺のあるカフェの一角で試着しか出来ない買うことが出来ない、なぞのシステムの場所を設けている。

それを初めて聞いたとき、本当にわけがわからないっておもったし

今もこうして書きだしてみたら、やっぱりわけがわからないとおもった。

こんなふうに書くとけなしているように聞こえるかもしれないけれど、こうみえて褒めている。

一応ファッションデザイナーっていわれているてっちゃんは、去年脚本を書いて劇をつくってみせてくれた。

脚本が・・・演出が・・・なんて言ってぐったりしていたのをみていたので

お前は本当に一体何屋なんだい?と呆れながらもいつもてっちゃんのやることを楽しみにしている。

だけどその楽しみの半分以上はハラハラしている。

その前はファッションショーをやるということで大勢のお客さんたちは或る室内プールに案内をされた。

あらわれたモデル達は次から次へと水の中におちていった。

とてもとってもきれいだった。

中でも、てっちゃんの永遠のミューズであろうてっちゃんのお嫁さんは群を抜いて果敢無くてうつくしかった。

わたしはこの2人の関係がだいすきだ。

すこしあこがれている。

 

 

 

てっちゃんとの付き合いは大してそんなに長くない。

もともとわたしはてっちゃんのお嫁さんと知り合いでずっとずっとだいすきなおんなのひとだった。

いつも困った顔をしていて線のように細くてうさぎみたいに白くって、だけどしっかりとした意思をもっていて、つよくてとってもこころやさしいおんなのひとだった。

あるとき、そのおよめさんは仕事をやめてしまいなかなかあうことができなくなってしまった。

いろいろ気持ちを察してみたら(勿論そんなのはわかりっこないし、いつもの得意のお節介と妄想にすぎないんだけど)

そんな簡単には連絡も出来ないなとおもい、とてもかなしいきもちでいっぱいになっていた。

その時期、たしかわたしは落ち込んでいる日々が続いていていろんなことが嫌になっているときだった。

おそらく「スタイリストやめたい」ってはじめておもったときのことだったとおもう。

(スタイリストをやめたいとおもったことがありますか?とたまに質問を受けたりするのだけど、そういうときは大体嘘をついていて、「ないです♡」と答えている。もしくは「しょっちゅう♡」と答えたこともあるかもしれない。本当におもったのはあのときだったとおもう。決定的に何かがあったわけではない。ないのにおもっていたから問題だったと今はおもう。ただ肩書なんて本当はどうでもいい。まぁ、私の話は置いておこう)

そういう気分がよくないとき、わたしはとにかく外に出かけていったり、普段しないようなことをしたり、暫くあっていなかった人に会いに行ったりする。それでいて結局服に繋がることばかり考えていますから、これはもう病気か?とさえおもう。もう離れらんない。

それで、そういえば富ヶ谷にとあるブランドのアポイント制のお店があると聞いていたことをおもいだし、わたしは早速そこにメールを送ってみた。さらに早速お返事を戴いてわたしは鈴木さんを誘ってそのお店にいった。

あのとき、なんで鈴木さんがいたのかはさっぱりおもいだせない。

鈴木さん憶えていたら知らせてください。もう最近記憶がね・・・

少し道に迷いながらようやく目的地に辿り着き、ドアを開けた。

そのドアはとっても重たくって、今でも行くたびにおもいなーとおもう。

そうして足を店内に踏み入れ辺りを見回そうとした瞬間にわたしは目と耳を疑った。

たかやまさーん

と呼ぶ声の先に立つ人に目と耳を疑った。

だってそこにはてっちゃんのお嫁さんが笑って立っていたのだから。

何が起きているのかよくわからなくて、驚いたのと声を出したのと瞼があつくなってぴくぴくしているのと、泪がどわっと溢れてくるのがぜんぶもういっきにやってきてぐちゃぐちゃだったはずだ。

てっちゃんのお嫁さんがてっちゃんのお嫁さんであることをわたしは全然知らなくて(どうやら巷では有名な話だったらしい)

そもそもてっちゃんのことはこの時点でまったく知らないし、てっちゃんのつくる服のこともそんなに知らなくて、この日、はじめていろんなことが鮮明になり散らばっていた点と点が一本の線になった気がした。

誰と誰が実は仲がいいとか、誰と誰が繋がっているとか、そういう話に疎かったり得意ではないので、えー!みんな知ってるよーっていうような話をまったく知らないことが多い。だけどじぶんはそれでいいとおもっていて。

必要なことはいつか自分の中に必ずはいってくるし、何かや誰かにあうとき、タイミングっていうものは必ず介在しているとおもっているので、そこに身を委ねていたい。自分の目や耳で確認していないことに関してあんまり興味がないのだ。

どうやら、わたしからのアポイントの連絡がはいったときに、これはあのたかやまさん?となったらしく、それでてっちゃんのお嫁さんがお店に足を運んでくれたらしい。うれしかった。

ひととひとはなんだかとても絶妙なものだけでなんとかつながって出来ている気がする。

せかいにはこんなにひとがいるのに。

わたしはてっちゃんに会うことができた。すごくすきなひとだ。ふしぎだとおもう。

あの日、てっちゃんはお店にいなくって、だから電話越しではじめましてと挨拶をした。

てっちゃんの声はモゾモゾしていてなにを言っているのか聞き取り難くてなんか面白かった。

それから暫くして服やさんが半年に一度行う、ご存知展示会たるものがてっちゃんのところにもあって、そこで初めててっちゃんと会って言葉を交わした。

何を喋ったのかは覚えていない。たぶんあんまり喋っていない。たぶん。

だけどいつのまにか、わたしはてっちゃんからおもむろに電話がきて、げんき〜?こいしてる〜?ガブリエル〜♡なんてわけのわからないことを、あの静かで穏やかな声で放ち、そしてその声は消えていく・・・みたいな瞬間を何度もすごすようになった。

ファッションや服の話をよくして、ときには恋だの愛だのの話もして。だけど大体はくだらないことばかりで。

わたしたちはわりとくだらないことがすきだ。

いや正確にはわたしのことだけに関していえばくだらないことをほんとうにあいしているとおもう。

なんだか最終的に全部笑えてしまったら最高だなっておもっている。

くだらないことを本気でやることがすきなのかもしれない。

いや、てっちゃんはぜんぶ本気なのかもしれないけれど。

わたしは大体のことはくだらないほうがいいとおもっている。

くだらないといえば、てっちゃんが何かを発表するときにきまって登場するのがお笑い芸人のおかっぺだ。

おかっぺはてっちゃんのところ以外では聞いたことが無い。

だけどてっちゃんはおかっぺのことがだいすきで仕方がないみたいだ。

もはや、おもしろいのかおもしろくないのかといったらそういうことではなくて。

あれは執念だ。

ずるいなぁとおもう。

 

 

 

 

それしにしても、てっちゃんは本当に面倒くさいひとでお酒ばっかり飲んでいるしなんでもかんでも言ってくるしバカバカ言われるし言わなくていいこともどんどん言ってくるけれど、わたしもてっちゃんにはそうやって接している。てっちゃんとバカバカ言ってるときは最高に楽しいし、余計なことばっかり言うけれど、てっちゃんはみんながわたしに内緒にしていた言い難いことをさらっと伝えてきたことがあった。それが2回あった。おかげでわたしは自分から真実を知ることが出来た。

てっちゃんのつくった服をみるときは、たぶん2人ともとっても緊張している気がする。

だけどわたしはそこの時間をすごく大事にしたいとおもっていて、きちんとおもっていることを伝えたいともおもっている。

イイものはイイ。そうでないものはそうでもない。

なれあいで、てっちゃんとてっちゃんがつくった服に接することは出来ない。

服とてっちゃんに失礼になるからだ。

だけど世の中は大体そんなことなくて、意外とそういうものでまわっていることも多々ある。

そうはなりたくないのだ。

基本的に服をみるときは全部そうやっているつもりだ。

ちょっと偉そうになってしまった。ごめんなさい。

とにかくてっちゃんとの間に嘘があってはいけないとおもっている。

勿論他の誰かとの間でもそうなんだけど。

もし、てっちゃんに嘘をついたり誤魔化そうとしても恐らくバレるとおもう。

 

 

 

きっと彼は今頃必死だとおもう。

どうしよう、服つくってるって言ってたけど、また脚本書いていたら・・・

それならそれでもいいけれど・・・

わたしは、てっちゃん、もっと外に出て勝負にいってほしいよ。

って、いっつもそう言う。

そうすると聞いてんだか聞いてないんだかよくわかんない表情をする。

なんだかな。いつものことだ。ほうっておく。勝手にまたなにかわけのわからないことをするのだろうから。

 

 

 

てっちゃんとてっちゃんのお嫁さんとてっちゃんの子供とてっちゃんの周りにいるてっちゃんが大事にしている人達が幸せであればいいなとおもう。

わたしといえばてっちゃんにブスなところばっかり拾われるからもうブスでいいやっておもったりする。

また会える日をたのしみにしている。

この日記が気付かれないことを願っている。

 

 

だけども、てっちゃんのこと

前も書いた気がする。

お嫁さんとの出あいのくだりとか。

どうだったっけ。

でもまぁいいや。

それくらいすきだってことだとおもう。

| - | 01:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
まえのひ

 

新宿でやっているグラファーズロックの岩屋さんとヌケメさんのエキシビションに足を運ぶ。

コムデギャルソンとシュプリームへ捧げる愛から派生した作品。

これは先方に手紙を書き伝えた方がいい‼招待したほうがいい!!と述べる。

たまにある、毒を含んだ悪のり商品ではなく、敬意と愛からの作品であればいいんじゃないの?って。

若しくは怒られちゃえばいいんじゃない?って。

まぁ、無責任な発言だよね。じぶん。ごめんごめん。

 

 

 

まえに、写真家のホンマタカシさんにお会いしたときに

昔はしょっちゅう怒られてばかりだったよ・・・と、仰っていたことがあり

そのときのお話が忘れられません。

怒られているうちが華ですし

今は怒られないように怒られないようにばかりで・・・ああ。

わざわざ怒られるようなことをする必要はないけれど

おもいきって生きていたい。

法を犯すことはブブーだけど。

誰だって誰かを傷つけようとおもって生きてなんかいない。

 

 

愛情の表現は人それぞれ違う。

人がいる分だけその手段は違う。

 

 

久しぶりにシャネルの生涯についての本を読んでいた。

あらためて。

孤高で傲慢で強くうつくしい女。

ココがいた時代を生きてみたかったし

ココの服を着てみたかった。

ビンテージで探してみようかな。

ちょっと着たくなった。

落ち込んでいたので少し元気をもらった。

 

 

 

さて、それから

そのヌケメさんたちの会場である新宿眼科画廊の斜め前にあるセレクトショップ

ザ・フォーアイドに行く。

来店は2回目。

日本ではまったくもって拝めないアシシュの服があります。久しぶりだよ!!!あいたかったよ!!

デニム可愛かったよ!重かったよ!スパンコールの重み。ブランドの重み。ガッバーナ先生もびっくりだよ!

泣けるわ。くぅ。

(因みにわたしは最近ドルガバのことをガッバーナ先生と呼ばせて戴いているのですが、陽子と朋ちゃんからは「おい、ドルチェはどこいった?笑」と言われている。・・・・たしかに。)

お店の代表である藤田さんは雑誌フルーツやストリートでスナップカメラマンをされていました。

昨日もお会いして、少々世間話。

アシシュのことを少々。

なるほど事情を少々。

ねっ。

前回初めて訪れた際も、ついつい私は彼を質問攻めに。

面白いひとにあうと話を聞きたくて仕方なくなる。

ファッション好きなひとにあうと話がしたくて堪らなくなる。

昨日の彼のスタイルも、さらっとしているのにキレッキレ。

 

 

 

 

慌てて店を後にする。

そのあとスポークンワーズプロジェクトのアトリエへ。

ぎゃーぎゃー騒いで帰る。

さらにそのあと、大慌てで総武線一本、高円寺にとび鈴木さん。

あーだこーだ喋り倒したころには古着屋たちは閉店。がーん。

メチャにゴロゴロと転がり込む。

いまのわたしは綺麗目パンツとトーマスマイヤーのサングラスとニコラスカークウッドのベージュのパンプスが欲しいのにも関わらず、うっかり柄スカートとなんかまた似たような形の黒いドレスを購入してさようなら。

 

 

この頃、着たい服がぐっとかわった。

根底は変わっていないとおもうけれど

なにかが凄く変わっていっている気がする。

ほうれいせんも気になりだした。

それを陽子にラインしたら

陽子も朝、家族と話してたという。

なんだなんだ。

なんだか自分に追いついていない気がしていてこわい。

首の線もいや。

どうしたらいいの?!

だからといって、まるでマニュアル本のような女性誌は読むはずもなく。

代わりにわたしはファッションデザイナーの生き様を手本にして生きてきた。

ずっと。そればっかり。みていた。

だからシャネルを振り返っていた。

名探偵コナンに出てくるベルモットのように、ずっと綺麗なままでいられたらいいのになぁ。(ばか)

 

 

 

タイトルにつけた

まえのひ

 

何年かまえにみた

川上未映子さん×マームとジプシーの舞台のタイトルだった

http://www.mieko.jp/blog/2015/01/17/744.html

川上さんのことばはすき

川上さんは、ギョーム・アンリのニナリッチどうおもっているんだろう?

聞いてみたい。

 

| - | 23:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
デムナ

拝啓ファッションプレスさま

以下引用させて戴きますね。

 

 

 

ショー開催の見送りを決めた背景には他にもあるようで「昨シーズン、ショーをバルコニーから初めて見ることができたんだ。オーディエンスはみなスクリーン越しに撮影するばかりで、服は8割がたは見られてなく、理解されていないと感じた」と苦言を呈し、「(ショーには)莫大な費用がかかっている。(昨シーズンのショーは)会場代を含め10万ユーロ(約1,250万円)ほどだっただろうか。世界では巨額のコストを叩いてショーを行っているブランドがたくさんあるけど、それは完全に無駄だと思うよ」とショー開催にかかる経費を明かし、見る側の「服」への関心とともに、ショーの開催意義が薄れてしまっていることを危惧している。

 

 

 

http://www.fashionsnap.com/news/2017-06-05/vetements-noshows/

 

 

 

 

 

 

まったく・・・ほんとだよね。

 

 

デムナはピュアだなとおもう。

なんにも知らないけれど。

服がすきなんだね。

服をつくることが。

なんにも知らないけれど。

そうおもう。

服をみていれば大体わかる。

わからないけれどね。

 

 

| - | 12:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
クーカイ
中学生のときに着ていたクーカイのシースルーカーディガンがここ最近ツボすぎて日々のくらしの中において頻繁に登場しています。
ものすごい化学繊維感が堪らないです。 中に着ているサイケデリックワンピースも結構キテます。
一体お前はいつの時代の人なんだ、とつっこみたい。

足元はハイソックスに華奢なサンダルです。


| - | 09:13 | - | trackbacks(0) | pookmark |
木ノ下歌舞伎



ふと出会った新進俳優・土居志央梨さんをみたくて、またもやあまり予習をせずに観劇。
古典だし歌舞伎だし難しいのかな、理解出来ないかな、と、若干不安を胸にいざ東池袋はあうるすぽっと。 開演と同時にその想いは消え去る。 全くもっての想定外。




どうやら 木ノ下歌舞伎とは
歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する団体のようで。(みて、この、まるでコピーペーストした言い回し。笑) つまり古典演目を新たな表現で現代的上演しているわけです。

基本的に台詞は昔言葉だったり歌舞伎のような声色だったりするのですが、時々現代言葉が出てきます。平気で「やべえ」とか「まじ?」等、出てきますし、衣裳も着物を召している人物もいれば、現代服の演者も共存します。それも中々のポップなカラーリング。 印象的だった衣裳は、ある役の羽織がレザーでつくられていたこと。
ははーん、なんて、おもったりしました。

あと珍しいことに、こちらの劇団は主宰者と演出家が異なるのです。

主宰の木ノ下裕一さんが自分では想像のつかないことをつくりたいようで毎回違う演出家と共同作業でつくられているようです。
わたしが今回みさせて戴いた作品は演出家の杉原邦生さんが指揮を執られた東海道四谷怪談。
あの有名なお岩さんのおはなしです。 歌舞伎や劇で上演される際はやはりお岩さんを中心とした物語をうまく端折りしながら描かれているそうなのですが、今回の舞台は実は休憩時間を含めて六時間あります。 なぜなら、よく描かれている代表的なお話をなぞるのだけではなく、もっとその周りにいる様々な人たちの生活や人格を描いた群像劇になっているからです。そうもなると、このような大作になったみたいです。演出、演者のことを考えたらゾッとしました、、、。とんでもないエネルギーだな、と。



この六時間という数字に最初とにかく不安だったのです。怯みました。
なんだけど、終わって仕舞えば本当に長時間があっとゆうまに過ぎ、たのしく観劇することが出来ました。
数字って結局何か惑わす変なチカラを持っていますね。
それしか頼りにならないこともあるのかもしれないけれど、まずはそれに構わず自分がどうしたいか、で選びたいとおもいました。あらためて。


話はもどり 土居志央梨さんと杉原邦生さんは気になります。
そして、先日のアイススケート×歌舞伎につづき、おもってもいないところから歌舞伎に徐々に近づいている自分がちょっと可笑しいです。だって両方たまたまなんだもの、、、これは、いよいよ次回こそ歌舞伎に!、、と、おもっています。そして折角なので、四谷怪談をみてみたいです。じゃないと、木ノ下歌舞伎の本来の解釈がわたし出来ない、、、



ほんとに順番が滅茶苦茶な奴です。
ブラボー


| - | 08:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/26PAGES | >>