<< ココとカール | main | no title >>
no title

渋谷駅を一歩か十歩くらいひいてみてみるとなにやってんだかなとおもう。

いっぱいひかってる。

あしたは満月っぽい。

あったかいこと気付いてなくて。

どうりであついとおもった。

そういえば季節に鈍感だっていわれたことおもいだした。

馬鹿だから風邪をまったくひかない。

なんなら風邪ひいても気付かないくらい鈍感。

5年後の話をされて、5年後のことがまったくみえなくてびっくりした。

数字だけ数えたらびっくりした。

数字数式数学理屈理論理想夢愛希望光絶望欲望羨望眼差し目の前は何色か何色ともたとえらんない東京にいます。

| - | 00:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック