<< ストロー | main | ねむすぎる >>
シーズアレインボー
長年、、いやぁ、それはそれはほんと長年お世話になっている下北沢の古着屋ヘイトアンドアシュバリーの岩崎さんが明日、、あ、もう今日、か、が、なんとお店を卒業されるそうで店に押し掛けた。


ヘイトは高校生の頃から通っていて、岩崎さんに会ったのはもはやもういつかも全く思い出せないけれど、岩崎さんにはとにかくお世話になって、岩崎さんの髪の色が何度変わったのかもわからないけれど、とにかく彼女は服が好きでビンテージを愛していて、訪れるたびに服の話をたくさんたくさんしました。

わたしはその時間がとてもすきでした。
いっぱいわがままにさせてもらったしね。
岩崎さんありがとね。
ま、また、すぐにあうから、わたしはあんまりセンチメンタルにはならなかったよね。
まったく!

岩崎さんの髪のいろ。
さいごはピンクいろしていた。彼女らしい。
彼女へのはなむけのように、彼女の髪のいろと同じようなピンクいろのフィフティーズの華やかなビーズ刺繍カーディガンに一目惚れして回収決定。
近ごろ、もう買うってゆうか、回収ってゆう感じです。
ビーズカーディガン生きてきてたぁっくさんみてきたけど、あの岩崎さんの髪と同じピンクのこは、ちょっと中々みない装飾具合で、ほんと、みつけて瞬間着てみて、三秒で『回収です!』とわたし。岩崎さんのラストヘイトの髪のいろを絶対にわすれないっておもったよ。

ラスト岩崎是非。
みんなはオヨちゃん、て呼ぶんだけど、わたしずっと岩崎さんて、ゆってた。たぶんこれからさきもずっとそう。またね岩崎さん。


| - | 01:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.takayamaeri.com/trackback/917428
トラックバック