<< いのししどしです、と言うとやけに納得されるの巻 | main | シーズアレインボー >>
ストロー
きのう、朝。
曇りガラス越しに白いものがみえた気がして。
窓を静かにあけたら雪が降っていた。
うれしくてぼんやりみとれているうちに一瞬にしてみぞれに変わって一瞬にしてやんでしまった。
しょんぼりした。
向かいのアパートの窓には小さな女の子とお父さんらしき人がみえて、同じように外の景色をみていた。
ねこは暖房の前でまぁるくなっていた。
雪の中に倒れたいって毎年ゆってるけど、いまだに果たせていない。
伊島薫の死体シリーズみたいに倒れたい。
白と赤と水色がいい。



きみにいいことがあるようにーきょうは赤いストローさしてあげるーって鼻唄しながらルノアールに行ってレモンスカッシュをお願いしたら赤いストローでサーブされてちょっとうれしくなった。
わたしのニットはめがさめるようなグリーンでレモンは紛れもないレモンイエロー。
信号機みたいだった。


連休ですよね。
成人の日ですよね。
新成人のみなさん、おめでとうございます。
おとなになるのはおもろい、と、最近ようやくおもえるようになりました、たかやまでした!
さむいけど風邪などひかぬよう!
| - | 10:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.takayamaeri.com/trackback/917427
トラックバック