<< ジェーンバーキンの声はねむくなる。 | main | 反解釈 >>
チバユウスケの真っ直ぐぷりについて。
先にいう。
チバユウスケの真っ直ぐぷりについて描くつもりはない。

あいかわらず役にたたないわたしのグダグダ記録である。実はハトラについて3日間くらい文章を推敲していたがまとまりきらず断念をした。いつかまた。。。

ところでわたしといえば、先日、浅草へお使いに行ったついでにおもいつきでスカイツリーにのぼってみた。はじめてのことだった。東京タワー贔屓なので若干見縊っていたし曇り空だったから期待なんてしていなかったんだけどベージュとかグレーとか曖昧な色をした東京の景色と灰色の空のトーンは統一され、おもいのほかうつくしかった。まるで点描画のようで。まったくはっきりすっきりしない混沌とした。なんかよかったな。曇り空でよかった。じぶんの気分にあっていた。


期待をしていない時の嬉しい裏切りが一番すきかもしれない。じぶんのなかでおもいえがけることなんていつもたいしたことないから。だからたにんがすき。おもしろい。

近いうちに東京タワーにいこうとおもった。三軒茶屋のキャロットタワーもすき。観覧車。ホテル。高いところがすきなんだとおもう。ちょっぴり現実から離れられる気がして。あと今回はお昼間だったけど、夜にいくのがいい。ロマンチックだもの。街。ピカピカ。海とか。雪降らないかな、ってこないだ口にした。まだはやいですよって言われた。雪が降ったら写真が撮りたくなる。真っ白い雪に倒れこみたい。真っ白をよごしたくなる。夏よりだんぜん冬。






| - | 07:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.takayamaeri.com/trackback/917394
トラックバック