<< 光 | main | クリストファーベイリーありがとう >>
死ンデ、イル
はじめてあったのは冬。
細くて長い手足とお豆みたいな小さな顔で黒いボブヘア。
鋭い眼差し。
ジッとした空気。



そのあとにあったのも冬。
雰囲気が変わっていた。
笑顔を何度もみた。
無茶をゆって踊ってもらった。

それからもう一度、もう一度っておもって続けてあった。


しなやかな身体。



それからしばらくして先日。
舞台にたつ姿をみた。



すくいようがないのかとおもった。
でもすくわれた。

ネタバレになる。

池袋の芸術劇場にて、片山友希さん初舞台初主演。死ンデ、イル。
当日券もあるそうですよ!




舞台といえばコッポラの椿姫みたい。衣裳がバレンティノ。
なんか毎日あほみたいにあついけれどまだ7月。なつがおわったーみたいなきもちにたまになるけどまだぜんぜんだよね。8月どうなっちゃうんだろう。なつかぁ。なつねぇ。なんでなつって特別扱いされるの。ずるいよねぇ。ずるいんだからさぁ。もうねぇ。ずるいよなぁ。足が地から0.5センチ浮いてるよねなんか。みなさん、お身体にお気をつけて日々をお過ごしください。たかやまでした。
| - | 08:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.takayamaeri.com/trackback/917389
トラックバック