<< 初恋 | main | 光 >>
大空で抱きしめて
紫陽花の季節が終わった。家の植え込みにある紫陽花が咲くのを毎日待っていた筈なのに気付いたら咲いてあっとゆうまに終わってしまった。鎌倉にも結局行けなかった。菖蒲もみれなかった。かろうじて古河庭園の夏薔薇が行けるかどうか。紫陽花と同じ植え込みに生息しているクローバー(五年住んでるのにクローバーが生えていることに全く気付いていなかった。しかも気付いた瞬間、四、五本の四ツ葉をみつけた。)だがしかしあの日以来、四ツ葉はみない。毎日覗きこむけど見掛けない。あたりまえか。しかも水をあげ続けていたらぐんぐん育った。シロツメクサも生えないかなぁ。家の壁に蔦を這わせたいって、隣のみつこさんに言ったらみつこさんが苗を買ってきて育ててくれた蔦も着々とのびてきた。だけど全部覆うなんて100年先の話かもね。近所の花だらけの家の庭にあったオニユリは見事に咲いた。人んちの庭は緑い。雨粒が滴りブツブツのオレンジが美しい。でもたぶんブツブツが苦手な人もいるとおもう。きわどい美しさに惹かれる。いつも。それでいて猛毒を持つもんだから。
秋になったらみつこさんとチューリップの球根を植える約束をしているからそれが待ち遠しい。
あとね、ともちゃんに似合いそうな花柄のスリップドレスがあって、それを是非とおもっている。わたしは袖付きのタイプのやつが欲しいんだ。冬から売れ残ってるんだよ。 街はセールで賑わっている。セールの時期がどんどん早まる。伊勢丹がはやくなったのは衝撃だった。なんか色々時代が変わっている。そんなことをぼんやりおもってはすぐわすれていく。次へ次へと。うまく生きたいもんだ。七夕なのにめずらしく雨じゃない今日。よるのことはわからん。だけども大雨地域の被害は 次々と。。。坂本先生、大丈夫ですか?また連絡をします。ください。抗えないことがある。毎回おもう。
| - | 12:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.takayamaeri.com/trackback/917386
トラックバック