CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
中野ブロードウェイ

161122_190834.jpg
先日
探し物に行ったら
うっかり
マダムショップに気をとられ
一目惚れしたニット
690円だった
即買い
ありがとうございまーす



マフラーひょう柄
バッグうし柄
セーターよくわかんない柄に花
本当はボトムもタマキフジエのゴールドミニスカートにして、足元まで突っ走り抜けたかったけれど、さすがにアウェーな映像現場に参戦するスタイルではないな、と断念。
そりゃそうだ。
お前、何しに来とるんや、と。



現場での服装は毎回戦いです。
それでも、今は全然選択の幅は広がったとおもうけれど、しかし、あれですね、アシスタントの頃は本当に戦いでした。如何せん、当時からスカートだいすき、ひらっひらしたものだいすき、動きにくいものだいすき、色物柄物だいすき!なのは変わらないわけですから、まあ、現場に向かないものばっかり、お金もないのであんまり服を買えない、だからといって好きじゃないもの着たくない、、、、、、なんて、つねにブツブツ言っていました。
実際に、当時、よく着ていたのはオーバーオール、ジャンパースカート(スカート丈ながめ←結局スカートで現場に行ってたわ・笑)それこそ最近流行っていたような膝下丈のキュロット、あと15歳から愛用していたピカデリーのスキニーデニム、、、、とか。
トップスはアニエスの黒いカットソーとかプチバトーのピンクのカットソー、ギャルソンのシャツ、ヴィンテージのブラウスやチュニック、、シンプル定番物だけど、ここは絶対譲れぬ!と、ゆうものと、お金ないから自分で袖をつけかえたり、変な生地をくっつけたり、りぼん巻いたり、そんなことばっかりしていました。で、たまに清水から飛び降りるような買い物して、生活を切り詰め追い詰められていた、、そうゆう服は今でも大事に保管しています。
足元は、やっぱりスニーカーが履けなくて(だってデニムにスニーカー履いたら、なんか、もう、わたし、違うじゃん?!って、納得いがず、、、ほんと生意気でした、、)
と、いうかさ、スニーカーって意外とすぐ脱げない、すぐ履けない、と、おもいませんか?わたしだけ?手を使わないで履きたいわけですから、紐靴スニーカーだと、あのベロが中でモニョモニョってなっちゃうじゃん。手を使わないと無理じゃん。じゃんじゃん。じゃあ、スリッポン?ってなっても、スリッポンだと表面つるんとしすぎて、なんか、のっぺりするし、、とか、いって、、、わがままー!!


なんだけど、わたしがおもうところ、現場に一番適している履き物は、バレエシューズなんじゃないか?と、いうことです。あれ、一番、すっ、と、履けて、すっと脱げる。だから、アシスタント時代はずっとバレエシューズでした。レペット、ギャルソン、あと昔、代官山にソースタップってゆうセレクトショップがあって、そこがだいすきで、そこで売ってたバレエシューズ。色がすごい綺麗だったの。たしか12000円くらいだった気がする。
あと、今、たまに履くのはマーチンの4ホール。それのシューレースを取りさって履いています。あれないと、すぐ履ける、すぐ脱げるがらいいんだよね。よくびっくりされて、歩いていて脱げないんですか?と聞かれるけど脱げないんです。はい。いいんです。あとはハルタのローファー。黒。なので世の中のアシスタント達に言いたいです。別にスニーカー履いていることが正義ではありません。(笑)大体、慌てて靴履いて、踵を潰してるのとか絶対赦しませんから!あとつま先、トントンして履くやつ。あれも駄目!服を扱う人間があれをやってはいけません!あと靴が汚れているのは駄目、ね。



ちなみに、わたしが今、現場に最適だとおもっているものは、ミュールです。ヒールは4〜7センチ。ザノッティのミュールは完璧。
独立してからは全然平気で現場にヒールでいきます。さすがに昔はやってないです、、。あと、山とか森のロケとかではやらないけど。さすがにね、、



何が言いたいかというと、毎日はTPOを考え守りながら如何に自分らしさを死守するかということです。これは先日の親族冠婚葬祭問題で改めて考えたお題でした。
それを考えて工夫なり、なんなりすることが、まず学習だったりするわけですから。スタイリング云々なんて誰から教わるわけでもないんだから、まずは毎日自分のスタイルどうなんだ問題に全力投球してもらいたいです。で、いくらでも失敗して悩めばいいとおもいます。わたしは今でも毎日、うー!あー!と、さけんでいます。
だいたい、今の世の中、みんなそこそこ、それなりにみえて、雑誌の中も街もおんなじような服装ばっかりでつまらない。



服が売れないって話を最近よく聞きます。今日もだいすきなお洋服やさんの子に偶然あって、道端でそんな話をしていました。



ドキドキすること、たっくさんあるのに、みんな麻痺しちゃってるんだとおもいます。
悪循環。


あと、きょう、知人が、最近お店で服をみること、買うこと、忘れてた。それじゃだめだね、お店たのしいね、またくるね、って、ミキリで話してくださって、うれしかったです。
わたしは、ずーっとゆってるんだけど、お店で育った人だから、
お店で服をおぼえて、人と出会って、今があるから、あの場所よりドキドキする場所なんてないっておもっています。
そうゆう場所をまだ信じたい。




中野ブロードウェイは三年に一回位、唸るようなことが起きる。
どこになにがおちているかわからない。
街は愉快。

すっごいねむい。有本から貰った干し柿甘い。今食べた。ねむい。むにゃむにゃ・・・

それと 今週の日曜日・・つまり明日と来週の日曜日、たかやまh ミキリハッシン不在です

| | 07:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |