CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ハウス@ミキリハッシン その3

お越し戴いた皆様へ、どうもありがとうございました。

また、足を運んで戴けると嬉しいです。
まだ、お会いできていない皆様へ、是非いつかいらっしゃってみてください。

 





数日まえから

ボーイズ・オン・ザ・ランを100回くらい聴いている。

あたまんなか、ずっと流れている。

合間に30回くらい ぽあだむ。

もう薄れていってしまうかもしれない感情が結局こびりついていて、にくいとおもった。

8年の間に色んな事があった。

なんならこの3年位で状況はがらりと変わった気がする。

もう憶えていない位

忘れて仕舞いたいくらい

忘れらんないけど

いいことも悪いことも悲しいことも苦しいこともあった

あたりまえのことだけど

誰にでもあるから

どうってこともないけど

世界で起きている悲惨な状況下に置かれている人達や国のことを考えると

くそみたいなことだとおもうけど

 

あわただしくしていると余計なことを考えなくて済むからずっと働いていたい

でも好きじゃないことはやりたくない

お金をもらうことは、仕事ということは、好きじゃないことをすること・・だとか、我慢をすること・・・だとか聞いたりするけど

そんなんだったら、・・・うーん、なんか、それを言い切るのは違う気がしている

逆にお金を貰えないときは貰えなくてもいいですよってときだから、その代わり、とにかくとことんやらせてくれとおもう

まぁ、こんなつまらない話はどうでもいいや

なんだかいろんなことがわっと湧き出て

今朝ベッドで泣いた

久しぶりに涙がでてきた

意外と最近泣けなくなった

歳を重ねると涙もろくなるというけれど そうでもない

逆だ

泣いている暇がもうなくなったのかもしれない

なんというか もう 泣いている場合ではないとおもっているのか

あまりにも今までが泣き虫すぎたというか・・・箸が落ちただけでも泣くというか・・・犬が歩いただけで泣くみたいな・・

そういえば

母親の泣いていることをあまりみたことがない

なんなら一回しかみたことがない

母の父、つまり私からしたら祖父が死んだときだけだ

母親ってそういうことなのかな

何か守らないといけないものがある人間ていうのは そういうことなのかな

それとも私の前では みせなかっただけなのかな

とにかく母は笑って馬鹿なことを言ってるかやっている姿しかみたことがない

そういうふうになれるのかな と 母をおもいだした

料理がすっごく嫌いらしいけど よくやっている

文句言いながらやっている

テレビの料理コーナーのレシピをしょっちゅうメモしている

料理すきだよね?!と聞いても、嫌い、と答える

どう考えても好きなんだろうなとおもう

子供が生まれるまでは一ミリもやったことがなかったらしい

自分と似てるな、と、おもう

 

午前中、カナタの加藤さんと電話をした。

彼のつくる服がすきだ。

秋冬のドレスは本当に素晴らしかったとおもう。

いいとおもわないときは買わない。褒めない。それでいい。お互いそういうもんだとおもっている。

服を買う買わない着る着ないってそういうもんだとおもっている。

惰性や付き合いで纏うものではない。

自分の大部分を占める服というものは、そんなに容易く選べるものではない。

本当は。

 

 

 

ハウスのこと全然書いていないね。

 

 

 

そして、この際だから、調子に乗って、全然関係ない服の話をすると

ここ1,2年気にかけていたベロニク・ブランキーノ

長らくブランドをお休みしていたのだけど、ここ3,4年くらいで復活して再びコレクションを発表している

が、しかし、まったくといっていいほど、服がお店に入っていない

どこにいってもなくって

扱っていてもシューズしかない・・とよく言われ

なんでやねーーーーーーーーーーーーん!!

と何度叫んだのかわかりません

ちょっと様子をみていたのけど

去年のコレクションから、いよいよ、きた!きたぞ!と、一過性のものではない、と、確信して

本腰をいれて店舗を探そうとおもっていた

 

そして ようやく 先日 みつけたの

いよいよみつけたの

ウェア取り扱い店舗を!!!

ベロニクといえば、やはりビアバスというイメージで

なんだけど代官山に行っても相変わらず無くて・・・

そうしたら、なんと新宿高島屋にビアバスが入っていて

(まず高島屋にビアバスがあることに衝撃を受けた、ぺぺっと調べたらいいのかもしれなかったのだが、足で探してやる、と、謎の火がついていた)

なんと、そちらの店舗でベロニクのお洋服のお取り扱いがあったのです・・・・

奇跡

あったの・・・

あったのよ

いよいよ・・・

久しぶりに再会を果たしたの・・・涙

再開した瞬間、声が出たよ・・・

やっとあえた・・・って・・

デザイナーが変わることもなく・・・・

ベロニク・・・

あいたかったよーーーー

この日本という場所であなたにーーー

 

 

 

服はやっぱりいいっ

静かなロマンスと強さ

 

 

 

 

ここ最近のベロニクの傾向といえば

繊細なレース、シルク、ベルベットなどといった生地をとにかくふんだんに使用し

黒、白、たまに赤い色がさしこまれ

ウエスト位置の高いアンパイアドレスだったり

魔女のようなフードアイテムだったり

ゴシック要素が強めのスタイルを提案し続けている

静かに気にかけて様子をみていましたが、もう、これはお伝えします

ベロニク・ブランキーノ完全復活です

ブラボー!

 

 

この頃おもうけど

基本的には女性のつくる服がすきです

芯のある、筋がとおった・・・それが垣間見えるよな女性のつくる服

だから川久保玲とヴィヴィアン・ウエストウッドとフィービー・ファイロがすきなんだなとおもう

性別云々は野暮かもしれないけれど

 

 

 

って ぜんぜん ハウス 関係ないね

ばかだよね これ

でも しかたないよね 

だってすきなんだもん

 

 

ハウスは発展途上です

これから一緒に育っていけるようなブランド、デザイナーとそこに居ます

逆に いいバランスなのかもしれない

偏らないために

ある意味、服を真摯にみつめるために

なんて うまいこといってみる

 

 

 

 

 

 

とかなんとかさ

いろいろさ

そんなことをさ

考えたりしながらさ

ボーイズ・オン・ザ・ランを聴いている

合間にたまに ぽあだむ

口ずさんでいる

この疾走感あるメロディとロマンチックな歌詞と

 

 

不思議なもんで 音楽は男の人のつくるものばかりがすきです

なんだろう その偏り方は と いつもおもう

たぶん なんか 精神的な もんが関係しているんだとおもう

合理的な考え方が苦手なくせして そこをスマートに分析したがる それによって納得したがる

そういう自分がなんなのか、も、知りたい

たぶん自分のことは自分が一番よくわかっていないから

知りたい

 


ところで 業務連絡に戻りますが

来週

もうひとつ、お知らせをさせてください。

びっくりしてくれる人がいたり

喜んでくれる人がいたらいいなっておもう。

もうすぐに。

 

夏が嫌いって言ってるのに、なぜか毎年、夏は精力的に何かに取り組んでいる。
これで今年の半分を締めくくって(半分、とっくに過ぎているけど)

残りは心機一転新たに進みたい。

 

明日は日曜日。

ハウスにいます。

足のむくみがとれなくて2倍になってる。

でも、あるひとはいう。

「それ、最初から太いのに、いるいる、むくみのせいにするやつ」

だってさ。

でもたぶん明日もむくんでる。塩分控えようか・・・

 

そういうことで また次回に。

 

 

 

| - | 22:33 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ハウス@ミキリハッシンその2
本日グランドオープンします。

グランドオープンっていうと、どっかのパチンコ屋さんみたい
なんだか


ミキリハッシン改め
ハウス@ミキリハッシンは18歳からの友人・山口壮大が永らく続けてきたメンズ、ユニセックス中心のセレクトショップで、今回心機一転し、ウィメンズの展開を拡げるにあたり、わたしはあらよあらよと転がりこんできてしまいました。


お店を『ハウス』と呼び、まるでスタッフ達は家族のように、<そこ>で過ごし、わたしは、<そこ>に、なんだか居候として転がりこんできた、謎の人、、と、いった感じなのかな。
居候っていう言葉が個人的にはやけにしっくりきていて。




ミキリハッシンは、これまでもこれからも日本の製品にこだわり続け展開をしていきます。
欧米かぶれの私は今一度、日本と服と人と身体の距離を見直し、歩み寄れたら、とおもいます。



そんなこんなで、青山の少しわかりにくい、隠れた場所にあるお家、ハウスは
いよいよオープンいたします。
| - | 06:22 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ハウス@ミキリハッシン  その1

ミキリハッシンのことについて書こうとおもったら

2回 記事が消えました

得意のやつです

しかも この記事を書くのに4日位かかっています

毎日書きながら気付いたら寝てます

 

 

なので 何回かにわけて おもうことをだらだら書こうとおもいます

とりあえず、ファッションスナップで記事があがっていたようなので添付をさせて戴きます

みてみてください

 

http://www.fashionsnap.com/news/2016-08-09/hause-mikirihasshin/

 

ミキリハッシン改め

ハウスミキリハッシンとして8月19日にオープンいたします

わたしは 今後も日曜日にお店に立ち 接客をしたいとおもいます

ウィメンズの監修?しています

 

 

 

今は引きずるくらいのロングスカート、ワンピースが欲しいです

ドレスみたいな

わたしは

ドレス

っていう表現がすきです

サマードレス

ミニドレス

ロングのワンピースはドレス、と、言ってしまいます

ちょっとお高いワンピースのことも お気に入りのワンピースのことも

ドレスと表現してしまいます

ドレスは 私にとって まるで普通に日常の中にあるものです

小学生の時 「サマードレスが・・」と口にしたら

同級生に「はっ?」っていう顔をされたのをおぼえています

 

 

 

 

 

 

 

極論 ファッションなんて どうでもいいものだとおもうし

究極無駄なものだとおもう

だけど

それぞれが、自分なりに考えて自分で選んで決めることが出来て自分らしく生きれたらいいとおもう

そのきっかけが たまたま ファッションだったら最高だなっておもう

 

無駄の中に 何かをいつも見出したいとおもう

 

 

また 次回に

 

 

 

| - | 15:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
プリーツプリーズ

イッセイミヤケより、プリーツプリーズの偉大さを 噛みしめている

 

時間ないのに、お店の前を通り過ぎたのに、やっぱり気になって、すぐに足を引き返し、お店に入ってみた

時間ないっていってんのに、店内で試着をしていた中国の方のミニドレスがかっこよくって真似して試着してみた

時間ないってばって連呼してるのに、同じ服を着て隣に並んだ中国の方に「それ買った方がイイですよ」と話しかけ

時間がなかったのでわたしはとりあえず脱いで急いだ

時間がないため向かいにあるコムデギャルソンは未だみれないままガラス越しにコレクションピースを拝んだ

 

 

そのあと、いつも行く近所のこうちゃんの店にて店内にいたお客さんに今日着ていたプリーツプリーズのワンピース(田中一光モデル)を褒められた

たぶん近い仕事のひとだとおもう

田中先生ですね!と、おっしゃっていた

たまに近所で会うけど、なにやってるひとなんだろう

とにかくプリーツプリーズすごいよ

はまりそう

 

 

ちなみに夜、時間がちょっと空いたので

すかさず渋谷西武へゴー!

やっとコムデにご挨拶

コムコムのチャイナ柄のライダース、ガールの水玉のライダース、イイッ

というか カタログの玲さんのスタイリングがいつも絶妙すぎる

やっぱりスタイリングって大事だとおもうよ

 

イッセイの話だったのに 最終的に玲さんの話になってしまいました

 

 

時間はつくるものだとおもう

いってきます

 

 

| - | 10:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Mich Dulce

おはようございます

孤軍奮闘中という台詞が相応しいわたし、たかやまえりです

 

バレンシアガの花柄が欲しいです

コレクション発表以来 

3日に一度はおもいだしています

そしてこの秋冬戦が開幕してから

まだ一度もどこのお店にも行っていません

つまり秋冬物を一切みていないのであります

買い物をしていないのであります

立川のパン屋にギャルソンがギャルソンがと 何度も言われたけれど

まだ拝みにいっていないのであります

これは ほぼ奇跡に近い出来事です

槍が降るかもしれません

最近ヤフーオークションで屏風をみるのにはまっています

屏風が欲しいんです

でも、なかなか、これだ!っていうものに出会えません

あっても 滅茶苦茶高いので、見ないで購入することは現実的ではありません

屏風・・・なんのためかといったら理由はありません 

なんの役にもたちません

目の保養です

それ以上でもそれ以下でもありません

買い物したいです

ちょっとまえから ヘッドドレスにも興味を持っていますが

これもまた中々 これだ!っていうものに出会うのはひと騒ぎです

まず、日常でつけられるもの

でもドラマチックであること

数あるヘッドドレスの中でも ありそうでないもの

こうやっていると中々出会うことは少ない

というか 世の中 これだ!どんずばだ!というものは そんなにない

すきなのはMich Dulce (ミッチ・ドゥルセ)

ナチュラルな天然素材をつかって大胆にかたちづくる

(いま、すんごい欲しいのがあるのだけど、画像がどこからも出てこなかった。本当に可愛い、びっくりした、でも、これは日常につかえないかもしれない。でも欲しい、鑑賞用コースかもしれない、なんで使えないものが欲しいのかっていったら、だって、一瞬にしてすきだ!いい!っておもってしまったときは理由なんてとんでいってしまう。それに、もし他の誰かにとられてしまったら嫌だ、嫉妬しちゃう、悔しい、)

そういうものが欲しいんです

いつも

なのでサマージャンボに想いを馳せます

今日までです

買わない人には当たりません

動かない人には なんにも起こりません

今日も一日頑張ります

実りのない記しでした

かいものしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

というか

ほしいものが ほしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

そんなにないけどねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

だけどほんとに

ものもひとも 奇跡的な出会いでしか つながってなくて

やっぱり これだ このひとだ だいすきだ なんて そんなにゴロゴロ転がっているわけじゃない

頑固は大変これでも丸くなったんだけども

 

 

 

 

| - | 09:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/7PAGES | >>