バウムクーヘン

しむらくんのあたまに犬が載ってる写真が大好きだったんだけど、犬ってずっと気付いてなくて、ずっと、ただ、とにかくいい写真だなっておもっていた。あのころタワーレコードでずっと眺めていたの。犬って知ったの実はわりかし最近でひとから言われて気付いて。

気付いてなかったの?うそでしょ?って。

犬でも帽子でも、なんだってよかった。




| - | 01:08 | - | trackbacks(0) | pookmark |
キラーチューン

久しぶりに聴いたらはっとした。まさに。



そしていまのところ

マックスマーラの半ズボンスタイルがあつい。


パリが待ち遠しい。

| - | 23:48 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ひとめぼれしたひと


デムナがベトモンやめた。

潔いとおもった。

だが真相はわからない。

いつだってわからない。


数年前

バレンシアガ。

でむなのエレガンスの中にある狂気に打ちのめされていた。

新しい流れがきていた。

ジョナサン アンダーソン以来の流れだと。

街はロゴに溢れスニーカーが氾濫しスポーツスタイル旋風が巻き起こった。

残念ながらわたしはそれがまったくタイプではなかった。

気付けばバレンシアガもそんなことばかりになった。

恋は冷めていた。

勝手な話である。

恋はいつだって勝手なものだ。

勝手にスタートして相手の気持ちもところかわまず騒ぎ出して衝突して崩壊する。

先日、ここで恋だとか愛だとかの話をしていたが、わたしの場合、対ファッションという関係が最大の恋なのかもしれない。

そんなことをおもって調べ物をしていたら伊勢丹の昔のキャッチコピーに射抜かれた。

マックイーンの映画の謳い文句に「恋をするように服をつくる」とあった。

劇中にでてくる台詞だ。

それをはじめてみてきいたときなみだがでた。

はなしがうまくまとまらない。

いいや。

まとめる気もない。



今後のバレンシアガが果たしてどちら側に舵をきるのか。

いつかのインタビュウでオーバーサイズはもうつくらないってゆってたよね。

もう何年も前のこと。

ファッションのことばかり追いかけて夢を見て恋をして夢中になっていると自分がおもうことと世の流れは不浄にも2〜3年くらいタイムラグが生じる。

流行りってやつだ。

そもそもこの流れさえ不条理で。

水のように流れ忘れ去られていくようなシステム。

いや、忘れないけどね。





でむなバレンシアガの大きな動きはあるのかなあ。

恋は復活劇を迎えるのか。

そういってわたしはいつだってフラフラと素敵な服はないかとパトロールに出てしまう。

で、結局いつもの場所にもどる。

同じ服がある場所に戻っていく。

それはもしかしたら恋がいつのまにか愛に育った実態なのかもしれない。わからん。わかんね。はたまたただの情けか。


そんなもんすっとばしていいんですけどね。

かっこよけりゃいいっすよ。

ファッションてそうゆうもん。

でもそれだけじゃないのも知ってる。

矛盾だ。

やっぱり恋と愛がわからん。

やっぱりどっちも大事。

とゆうか、こんなたとえをしている自分がポンコツなのかもしれないと恐怖さえおぼえる。なんで、ここだけフォントおっきくなっちゃったの。



あーニューヨーク、ミラノ、ロンドン、パリ行きたい。服に埋もれていたい。




マックイーン

下高井戸シネマで10/5から上映するよ。

4回目!いく。

もう永遠にそこに酔い潰れていたい。

天国をよく想像する。

みんながあーだこーだ喋ってんじゃないのかって。

それでもしかしたら知らないせかいでは、びっくりするようなファッションがうまれているのかもしれないって。

妄想は夢、これだけは自由。

この世に自由はないっておもっている。

だけど想像だけは自由。誰にも奪う権利はない。

そして想像をこえてうまれる第三者の色んな思惑や事情が絡んだクリエイションに惹かれる。

自分の想像通りのものには興味がない。

なんのはなしかわからん。


| - | 07:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
のむらのじいさん、CDジャケットどんだけ撮影していたんだろう。

わらいすぎておなかがはちきれそうだった撮影おもいだしていたよ。

なんかすごいおぼえてる。

忘れてしまうことと忘れないことの関係、仕組みってなんなんだろう。







| - | 00:37 | - | trackbacks(0) | pookmark |
人間失格ってなんか当たり前のように頭にこびりついているけどよくよく考えると、すごいタイトル、、

なみだはしおのあじがするけど透明で綺麗。


ただ

しょっぱいなみだは悔しいなみだのときみたいで

嬉しいなみだやかなしいなみだは、しょっぱくないんだって。

そうおもうと、たしかに、しょっぱい涙は自分が赦せないときばかりかもしれない。だいたい自分が愚かで赦せない。

そんなことをおもっていることがもう自分勝手すぎて、また堂々巡りになりがちでしょっぱいなぁってなる。そこにねこがやってきて、顔の目の前にドスンと横たわり慰めてくれている気がして、毛に埋もれてねむる。たぶんあいつはなんにも考えていない。

神木曰く「ねーたんは賢い」だそう。

ねーさんは隙をみては家を脱走してしまうのだが、ある日もねーさんは神木の隙をついて開いたドアから逃げたらしい。

すると神木は「先日のねーたんの脱走は計画的犯行です、、」とか、なんとかわけわかんないことを真面目な顔して言ってるから面白くて仕方がない。








せかせかと動いている最中、台風災害の影響により友人が困っていたり実家と連絡がつかなかったり、やるせないモヤモヤした時間を過ごす。

電話の回線が繋がらないってこんなに不安なんだっておもった。

9月11日だった。

今年になって家族と疎遠になっていた。

それを後悔した。





東京にて。

友人との会話の中で

「これは情だよね」だとか「愛ってなんだ」だとか言われて、なにがよくて、なにがよくないのか、とか頭が混乱する。男女のことである。

他人の関係に横から口を挟むのはナンセンスで答えられない。あーしろこーしろなんて言えない。

自分がどうしたいのかが大事だって、いつもおもっていることしか言えなかった。

でもだいたいそうゆうときって、こたえってほんとはでてる。


そんなことを考えていると昨日発売した桑島智輝さんと安達祐実さんの写真集「我我」の帯には「愛ってなんだ」と安達さん直筆サイン。

なんですかねぇ?と

今度お会いする機会があれば夫婦に伺いたい。

野暮かな。

なにかの雑誌で安達さんのインタビュー記事があってセブンイレブンで一気に読んだ。

すきだなっておもった。


そうしていると同じく昨日。

映画「人間失格」舞台挨拶。

3回目の舞台挨拶かな。

なんだか、急に司会の方が登壇者に「恋と愛の違いはなんですか?」と質問。

みなさん、それぞれお答えになられていましたが

さいご蜷川監督が「恋より愛の方が格が上で上等のような扱いになりがちだけど、そんなことなくて、どちらも大切ですよね」みたいなことを仰っていて。

わたしはそれにやけに掬われる。

さらに言えば、ある役者は「恋愛と書くくらいですから、どちらも同じじゃないですかねぇ。」と。

納得。





恋と愛がくっついて恋愛になって

だから

愛だろうが情だろうが

これもふたつくっつけば愛情なわけであって

どちらでもいい。


自分なりの解釈で大事に出来ればいいとおもうよ。

大事にしていることにはかわりない。

それだけはたしか。

じゅうにぶんである。

正解なんてどこにもなくて

自分で選んで決めていくしかない。

なんでもそう。


かなしいなみだじゃなくて、くやしいなみだでいい。

でもほんとはもうすこしうれしいなみだを知りたい。あんまり知らない。





窓の外は御神輿を担ぐ声がします。

わっしょい。

よい週末を。

たかやまより






| - | 10:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/54PAGES | >>